楽天証券、SBI証券、ETF、投資信託、つみたてNISA、IDeCo | えいたんぶろぐ
スポンサーリンク

S&P500の買い方【ETFか投資信託か・楽天かSBIか・積立か一括か】

お金の話
スポンサーリンク

はい!こんにちは!えいたんです!


今回はS &P500の買い方を説明していくよ!まずS &P500は間違いなく投資商品の最適解の1つだと思うよ!

1、ETFで買うか投資信託で買うか。

2、証券会社をどこにするのか。

3、積立投資をするか一括投資をするか。

この3つのポイントで考えていくよ!

有名な話では、投資の神様と言われるウォーレンバフェットも自分が死んでしまった後の財産の90%を、S &P500に投資するように奥さんに勧めています。どちらかというと分散を嫌って、個別株の集中投資で大金持ちになったバフェットが言うから説得力もすごいですよね。

ということで、どんな買い方をしたとしても、買う商品がいいものであることは間違いないので考えすぎる必要はないです。

1、ETFで買うか投資信託で買うか。

そもそものETFと投資信託の違いは、ETFのメリットは、購入方法は市場で指値、成行注文でリアルタイムで取得できることです。信託報酬は、投資信託より休めです。投資信託のメリットは、売買手数料がない場合が多いこと。分配金を受け取らず再投資ができる。

手数料の安さなどを考えると、米国ETFの方が良いんじゃないかと思います。VOO,IVV,SPYとあります。これは信託報酬が最安のVOOを選んでおけば間違いありません。

次にS &P500に連動する投資信託を紹介していくと、

・SBI・V・S &P500インデックスファンド 信託報酬0.0938%

・eMAXIS Slim米国株式(S &P500) 信託報酬0.0968%

この二択です!信託報酬だけで見るならSBI・Vシリーズの方がちょっとだけ安いんですけど、投資信託には信託報酬以外にも、隠れコストが発生するので実質的なコストはどちらが高いかはわかりません。とはいえこの信託報酬の差なら実質コストの差もそこまで大きくないと思うので、どちらでも問題はありません。

というわけでETF代表のVOOと、投資信託代表の(仮)eMAXIS Slim米国株式の対決は、投資信託を選んでおけば間違いありません。現在の場合であれば投資信託のメリットが大きいのです。トータルリターンも上回る可能性が高いと僕は思っています。

少額から始められて、定額で購入ができる。再投資の無駄が出ない。つみたてNISAで購入できる。投信保有ポイントが付与される。楽天証券のカード決済でポイント付与。円をドルに変える必要がない。売却手数料がかからない。

VOOは手数料が安いというメリットがありますが、投資信託を総合的に上回るわけではないと思います。ただ、暴落が起きたタイミングで買い足したいと思っている人は、ETFの方が良いでしょう!全体的には投資信託です!


2、証券会社をどこにするのか。

これは投資信託で買うなら楽天証券が良いと思います!!楽天証券ではハッピープログラムによるポイントと、楽天カードクレジット決済によるポイントがもらえるからです。ハッピープログラムとは、投資信託の保有残高に応じて、楽天ポイントがもらえる仕組みです。それに加えて楽天カードクレジット決済という投資信託の積立購入をクレジットカードで行うことによって、5万円までは1%のポイントが付与されるサービスもあるので、信じられないぐらいお得にS &P500に投資ができる計算になります。

これによって月に5万円までの投資の場合、確実に楽天証券で購入するのが最適解になります。

また、SBI証券では投資信託で、三井住友クレジットカード決算にするとノーマルカードで、0.5%のVポイントが還元されます。このVポイントが投資に2022年あたりに使えるようになるみたいなので、ここら辺も期待です。

現状では楽天証券で、つみたてNISA、楽天カードクレジット決済が5万円までなら最適解です。

3、積立投資をするか一括投資をするか。

一括投資にしてしまえば良いと思います。将来的に上昇している可能性が高いと信じて投資するはずなので、早いうちに多くの資産を投入してリスクにさらした方が、リターンも多くなる可能性が高いです。実際S &P500の過去のデータから検証しても20年単位とかの長いスパンで見れば、ほとんどの場合一括投資が効率的な運用になっています。

ただ一括投資した直後に大暴落が来たりすると、精神的なショックで長期保有を放棄して売却してしまうリスクがあります。意外と暴落に耐えた後もメンタルに問題が発生したりします。含み損が大量に発生した場合、人間は精神的に早く売って楽になりたいという精神状態になります。

+−がゼロになった時に売却をしてしまったりします。

なので僕のオススメは、積立投資で分散が無難かなと思います!

以上の3つの項目を比較して見たのですがいかかだったでしょうか。

それぞれの考えはあると思いますが、僕の出した結論はこれです!


コメント

タイトルとURLをコピーしました