SBI証券、楽天証券、クレカ投信積立、三井住友カード | えいたんぶろぐ
スポンサーリンク

SBI証券のクレカ投信積立還元率が最大3%?

お金の話
スポンサーリンク

僕からしても寝耳に水というかびっくりだったよ。


SBI証券の投信の三井住友クレカ積立が、通常0,5%で来年の1月まで+1%ついて、1.5%っていう話だったんだけど、よく調べてみたら補足情報が追加されていたよ!

SBI証券×三井住友カードの新しい還元率に関する情報を解説します!

SBI証券で新しく始まった三井住友カードでのクレカ投信積立は通常0,5%の還元率だが、ゴールドカードで1%、プラチナカードでは2%へ上がる(年内の+1%のキャンペーンと合わせると最大3%に)

素晴らしいね!ノってるよね!SBI証券に合わせ将棋で、三井住友カードも積極的に普及に力を入れ出したと僕は見るよ!✨素晴らしい話だね。

特に狙い目はゴールドカードで、新しく誕生したナンバーレスの三井住友カードゴールドはクレカ積立の還元率2%(キャンペーン終了後は1%)で、年会費5,500円だが初年度に年間100万円の利用で、翌年以降の年会費が永年無料になるよ。

三井住友プラチナカードはクレカ積立の還元率3%(キャンペーン終了後は2%)と高いが、年会費55,000円なので、少し手は出しづらいかも。

SBI証券のクレカ積立とは、、

・投信積立をクレジットカードで決済できる。

・クレカ積立可能な金額は毎月100円〜5万円(1円単位)です。

・クレカ積立の設定は毎月10日締め切りで、翌月1日に買付となります。

・特定・一般/一般NISA/つみたてNISA口座で利用可能です。

・投信積立可能な銘柄すべてが対象です。

・決済額に応じてVポイントが付与されます。


次に楽天証券とSBI証券のクレカ積立還元率の比較をしてみるよ

①楽天証券 ポイント還元率1%(楽天ポイント)最大5万円まで

②SBI証券 0,5~2%※年内は+1%(Vポイント)最大5万円まで

・基本的には、通常で1%還元がある楽天証券の優先がベターだよ。SBI証券は三井住友カードをゴールド以上にするなら、利用を検討しても良いと思うよ。

ただ僕はナンバーレスの通常の三井住友カードを作ってしまったので、切り替えめんどくさい?からこれで5万、楽天カードで5万みたいにやろうと思ってるよ!

まぁどちらとも特定口座、一般口座、一般NISA口座、つみたてNISA口座すべてに使えるから便利だよね。投信積立可能銘柄すべてにつくしね☺️

SBI証券ユーザーは歓喜してると思うよ!笑

最近のイケイケなSBI証券に三井住友カードも乗っかって景気の良い業界、元気のある業界はこういうプラスの連鎖みたいなのが起こるから良いね。

絶好調なのが伝わってくるよ✨今の日本にはこういう明るい話は少ないから、こういう話は逃さず掴んでいきたいよ!そして読者の皆さんと一緒に豊かになっていきたいよ!😊


コメント

タイトルとURLをコピーしました