リベラルアーツ大学、インデックス投資、長期投資、アクティブファンド | えいたんぶろぐ
スポンサーリンク

長期インデックス投資が最強な5つの理由

お金の話
スポンサーリンク

長期インデックス投資がなぜ良いのかをまとめたよ。5つの理由があるよ。


①結果高いプラスリターンが見込める

②手数料が安いよ(ネット証券利用時)

③勉強もセンスも不要で再現性高い

④精神的に楽な投資方法

⑤手がかからない投資

まず、①の『結果高いプラスリターンが見込める』について説明していくよ💰

多くのアクティブ投資はインデックス投資に最終的には、勝てないよ。これは聞いたことがある人も多いんじゃないかな。投資信託には市場平均に連動するインデックスファンドと、独自の運用で市場平均を超えるリターンを目指すアクティブファンドがある。アクティブファンドのほとんどが、長期的にはインデックスファンドより低いリターンしか出すことができていません。

投資のプロが銘柄を選定していても、そのような状況なのです。詳しくは『ウォール街のランダムウォーカー』にも載っているよ。投資期間が5年以上になると年平均リターンは−2%〜+28%、15年以上になると+4%〜+18%、25年になると+7%〜+17%と投資期間が長くなるほど年平均リターンは収束してそれなりのプラスになることが分かっているよ。


25年で+7%のリターンは微妙かと思いますが結構悪くないと思うよ。複利の力で増えてるしね。それに、働きもせずにリターンはボーナス程度に考えていた方が良いと思うよ。

それに複利の7%は、100万円が約10年で元本は2倍の200万円になる計算だよ。単利では170万円にしかなっていないので、複利の力の大きさがわかるよ。逆に言ったら、この複利の力を借金に使われるのが消費者金融だよ。それはそれは恐ろしいね。最近は銀行でも暴利を取る悪徳もいるから要注意だね。あと、リボ払いとかもやめた方が良いよ。ろくなことにならないよ。🙈

次に、②の『手数料が安いよ』の説明をするよ💰

ネット銀行を利用したインデックス投資だと手数料が安いよ。SBI証券のSBI・V・S &P500インデックスファンドの場合、信託報酬が0,0938%と激安で済むよ。あと売買の手数料と、買付手数料は無料とめちゃくちゃありがたいよ。

それに対してアクティブファンドは、某有名証券会社でも信託報酬が1〜3%かかったり、銀行の窓口で販売しているものも信託報酬2〜3%とぼったくりが多いよ。また売買に手数料がさらに発生する仕組みで、担当の営業が儲かったりするので、頻繁に買ったり売ったりされるよ!それが証券会社の利益だからね😭

だからインデックス投資に比べて、アクティブ投資は人件費がかかっている分、リスクの高い銘柄を証券マンが進めてくることになるよ。テーマ株や個別株の投資などリスキーになる傾向にあるよ。もちろん短期間で資産を増やすということを考えれば、アクティブファンドが良いよ!

ただその分、良い証券マンの見極めが大事になるよ😎まず、新人ではなく出来れば課長クラスが良いよ。あと、自分自身最低でも5,000万〜1億円の金融資産がないと有能な証券マンは見向きもしないかもね。あと、会社とかに飛び込んでくる証券マンは、実績に不安がある場合が多いよ。だって実績がある証券マンは、会社で電話連絡などで自分の顧客管理は出来ていて、外回りする必要がないもん。

まぁその中である程度、オススメできるのは野村証券かな〜。やっぱ話していて会話のレベルが高いよ。小難しい話をわかりやすく噛み砕く能力も高いし。僕が出会った証券マンは女性だったけど、野村歴10年以上の中堅だったよ!賢い子でした。

まあこれから資産を増やす人間にとって最適なのは、ネット証券だよ!SBI証券、楽天証券、マネックス証券、松井証券あたりかな!

次に、③の『勉強もセンスも不要で再現性高い』の説明するよ!💰

インデックス投資は勉強もセンスも不要だよ。証券マンなどのプロは個別株について、財務諸表などを分析する力が必要です。そして、チャート分析、テクニカル分析などの勉強をプロはしているよ。事業内容についても深く知っていなければならないよ。

それに対してインデックス投資は市場全体に投資しているので、『S &P500』に連動するファンドに投資すれば、ざっくりアメリカ全体に投資することができるよ。その銘柄や割合を決めているのが、バンガード社の重鎮?だったりするので、プロに良い具合で選んでもらって安く投資できる、『投資の最適解』と言っても過言ではないよ✨


次に、④のインデックス投資は『精神的に楽な投資方法』ということについてです。

歴史的に信頼のある指数に連動するファンドを買うということと、個別株で集中投資などで買うこととは、含み損を抱えた時に精神的な安定は全然違うということだよ。

これは全然違うと言えるよ。ただでさえ、仮にリーマンショックやITバブルのような経済循環があったところで、40%かもっとの損益を被ったとしたら、歴史的に信頼のある指数だって疑うところだよ。これが個別に企業に投資してたとしたら、損切りも考えないといけなくなるよ。上場している会社だって、倒産したら株券は単なる紙切れになるよ。0円にはならないけど、とんでもなく価値が下がってしまうよ。

仮にアメリカのS &P500の指数に連動するインデックスファンドに投資していたとしたら、アメリカのTOP500社がすべて倒産するとか、まずないよ🤚まぁ仮にそうなったらアメリカの上位の会社は、多国籍企業のところも多いから世界的に大不況に落ち入るよ!よって現状の最適解は米国か全世界株のインデックスファンドに投資することかと思うよ。

今後、考えられるのは中国の伸び。強烈な伸びしろのある国なので、アメリカvs中国の構図は続くと思うよ。これ以上は長くなるから、またの機会に話そうと思うよ。

次に⑤、『手がかからない投資』について説明しようと思う。

インデックス投資のリターンは長期で考えると、年利5%前後のいわばつまらない投資だよ。個別銘柄への集中投資などで、テンバガー(株式投資で株価が10倍以上に化ける)になる可能性もないし。インデックス投資は、上がり下がりを繰り返しながら少しずつ、社会が便利になるように伸びていくよ。

そして、買い付けなどはすべて自動で買い付けできるし、月に5万なら5万で毎月いじらなくても、最初に設定してお金さえ入れておけば取引が成立するよ。人によっては投資していることを忘れちゃうぐらいの投資手法だよ。忘れているぐらいの方が良いと言われているぐらいだよ。僕は忘れれないタイプだけど😇

このように手がかからない投資、自分の実業や仕事で最大限実力を発揮したい人向けとも言えるよ。昭和の時代の日本は銀行預金の金利が5〜9%みたいな時代もあったから、銀行に預けておけばよかったよ。そんな時代に生まれたかったよ。銀行に預けるだけでインデックス投資並みに増えるなんて、天国かよ!まぁそんなこと言ってても仕方ないし、今の方が便利だし、今やれることをやるしかないよ✨

これらの5つのことが、長期のインデックス投資が最強の理由だよ!!まぁ投資は自己責任でね!

結局、インデックス投資だろうが個別投資だろうが、ある程度勉強しないと、下がった時に狼狽売りしてしまったりするよ。だから重要なことはしっかりと仕組みを理解することだよ。

その意味でも投資は自己責任だよ


コメント

タイトルとURLをコピーしました