楽天証券のポイント付与に改悪が・・・〜ハッピープログラム〜 | えいたんぶろぐ
スポンサーリンク

楽天証券のポイント付与に改悪が・・・〜ハッピープログラム〜

お金の話
スポンサーリンク

4月から「楽天ゴールドカード」の改悪、6月からの楽天カードでの公共料金支払い時のポイントが大幅ダウンと立て続けに行われているよ。


そしてさらに改悪の発表があったよ。

楽天銀行と楽天証券のハッピープログラムの1つである投資信託残高に対するポイントが改悪?されたことです。どっちとも言いづらいのですが、個人的には信託報酬の低い銘柄、SBIの銘柄が改悪対象だったので悪いですね〜

長期投資家にとっては・・・ね?

変更は2021年8月0時以降。

ハッピープログラムの変更内容についてはこの通り。

・変更前

残高10万円ごとに4ポイント※対象月の月間平均残高で計算

・変更後

残高10万円ごとに3〜10ポイント※一部の銘柄は対象外※対象月の月間平均残高で計算

これだけ見ると、改悪ではなく改善な感じもしますが、中身を見ると多くの方はマイナスになるんじゃないかな?

対象銘柄と進呈ポイント

Aグループ 10ポイント 43銘柄 信託報酬率のうち楽天証券が受取る代行報酬手数料率(税込)が、年率1,00%以上の銘柄

Bグループ 5ポイント 1,872銘柄 信託報酬率のうち楽天証券が受取る代行報酬手数料率(税込)が、年率0,50%以上1,00%未満の銘柄

Cグループ 4ポイント 702銘柄 信託報酬率のうち楽天証券が受取る代行報酬手数料率(税込)が、年率0,05%以上0,50%未満の銘柄

Dグループ 3ポイント 7銘柄 信託報酬率のうち楽天証券が受取る代行報酬手数料率(税込)が、年率0,036%以上0,05%未満の銘柄

対象外グループ 0ポイント 3銘柄 信託報酬率のうち楽天証券が受取る代行報酬手数料率(税込)が、年率0,036%未満の銘柄


銘柄数だけを見れば多くは以前と同じ4ポイントか5ポイントだよ。だから改善と言えなくもないけど、人気の投資信託7本が3ポイントへ引き下げ、3本が対象に格下げとなったよ。

ちなみに、3ポイントに下がった銘柄は、

・eMAXIS Slim 全世界株式(除く日本)

・eMAXIS Slim 全世界株式(3地域均等型)

・eMAXIS Slim 全世界株式(オールカントリー)

・ニッセイ世界株式ファンド

・ニッセイ外国株式インデックスファンド

・eMAXIS Slim 先進国株式インデックス

・eMAXIS Slim 米国株式(S &P500)

どれも人気のファンドですね〜。

そして、今回ポイント対象顔となってしまったのが、

・SBI・先進国株式インデックス・ファンド

・SBI・全世界株式インデックス・ファンド

・SBI・新興国株式インデックス・ファンド

これら良いファンドがポイントがなくなるということで、残念なんだけどSBIとの対抗意識というかなんというか仕方のないこととも思うよ。

まぁ楽天はクレジットカード積立に1%ポイント付与されるという(5万円上限)仕組みが、今だに最強なお得な仕組みだからやらない手はないといった感じだよ。

SBI証券も三井住友カードでのクレジットカード積立に0,5%ポイント付与される(5万円上限)という仕組みもやろうと思っているけど、12月までで4500ポイントの上限まで、期間限定で1,5%になるよ。その後は0.5%に戻るみたいだけど、とりあえずでかい特典だからやるよ!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

お金が増える 米国株超楽ちん投資術 [ たぱぞう ]
価格:1540円(税込、送料無料) (2021/6/30時点)


コメント

タイトルとURLをコピーしました