株式投資、資産運用、決算書、BS、PL、CF、貸借対照表 | えいたんぶろぐ
スポンサーリンク

失敗したくない人限定《株式投資に必要な必須知識》

お金の話
スポンサーリンク

こんにちわ!えいたんです!


今回は株式投資に必要な必須知識を紹介します。投資信託、ETF、個別銘柄などに投資する上で、重要になってくる知識です。

・決算書を読むスキル

これはおおまかな知識だけで最初はOKです!社会を支えている経済活動がすべてこの決算書という、数字の世界で表現されているからです。その経済活動を担うそれぞれの会社の経営状況がすべて数値化されているんです。つまり決算書はその会社の成績表なんです。しかも、その成績表の付け方はほぼ世界強通です。どの会社に投資をしようかと判断する時に、世界共通の成績表を見比べてから判断するのと、世界共通の成績表をまったく見ないで判断するのはどっちの方が良さそうでしょうか?株式投資において決算書を読むスキルは絶対に必要なんです!

具対的に解説していくと、

『決算書』財務諸表には3種類あります!

・BS 賃借対照標(バランスシート)

・PL 損益計算書

・CF キャッシュ・フロー計算書

BSとは、ある時点での会社の《状態》を示したもの。状態というのは、その会社を売却・精算した時に株主にいくらお金を渡せる状態なのか。これを計算しているだけなんです!資産と負債を分けているのでバランスシートと呼びます。

資産→資産

負債→負債、資本(株主への負債)

BSとは、ある時点において、株主にいくら渡せるかを計算しているだけ。

資産−負債=残った資産

株主への負債(株主へ返せるお金)


次にPLとは、ある期間において儲かったかどうかを計算したものです。PL損益計算書とは、

売上−経費=利益

つまり、損益計算書(PL)は、BSにある資本(株主への借金)が、どれぐらい増減しているのかを計算しているということ。

最後にCFとは、ある期間におけるお金の増減を計算したもの。現預金の増減を見ている。キャッシュフローは3種類あって、

・営業CF ビジネス、本業の活動

・投資CF 資産の取得などの投資活動

・財務CF お金の貸し借りなどの財務活動

この3つの活動でのお金の増減がわかります。1番大事なのは、営業CFです!本業のビジネスでお金を生み出せているのかここが圧倒的に重要。営業CFはプラスじゃなきゃダメです!その一方、投資CF、財務CFについては必ずプラスが良い、マイナスが悪いという訳じゃありません。

決算書を学ぶことは、株式投資をする上でめちゃくちゃ大事です。

まずは決算書を理解するために、簡単な決算書の本を読みましょう!!


コメント

タイトルとURLをコピーしました