節約、貯金、金融資産、金融投資、株式投資、配当金、セミリタイヤ | えいたんぶろぐ
スポンサーリンク

人生が変わる貯金1000万円の可能性

お金の話
スポンサーリンク

どうも!えいたんです!


1000万円貯めると起きること。なかなか節約のモチベーションが保てない。そう思っている人はおおいのではないでしょうか?🤔

続かない。。。何のために貯めているのかよく分からなくなってきた。などなど!

そういう方たちに書いている今回はブログとなります。

この1000万円の貯金は、大きな可能性を秘めていると僕は思います!

早く貯めるほど良いことがあると思っています。リスクのための貯金ではなく、やる気を上げるためのポジティブな視点で書いていきたいと思います😁

僕は33歳のアラサーですが、貯金1000万円を貯めたという経験から書いています。

本日のトピックは、

・1000万円の金融資産所有者はどのくらいいる?

・貯金による2つの価値

・貯金に秘められた可能性

これらについて書いていきたいと思います。

・1000万円の金融資産保有者はどれくらいいるのか?

これを書いていきたいと思います。

金融広報中央委員会「家計の金融行動に関する世論調査(令和元年)」によると、

・単身世帯:2500人以上

・二人以上世帯:3000人以上

ここからアンケートを取っています。

この金融資産とは、預貯金・有価証券・金融商品などを含みます。現金などをトータルして、1000万円を持っている人がどんだけいるかという話です。

・単身世帯 (中央値は平均ではなく、中央値で出しています。中央値の方が最も現実に促していると考えます。)

20代 保有率2.2% 中央値5万円

30代 保有率12.6% 中央値77万円

40代 保有率16.3% 中央値50万円

50代 保有率22.3% 中央値54万円

60代 保有率29.3% 中央値300万円

・二人以上世帯

20代 保有率0.0% 中央値77万円

30代 保有率13.2% 中央値240万円

40代 保有率20.1% 中央値365万円

50代 保有率35.5% 中央値600万円

60代 保有率40.1% 中央値650万円

見て頂ければ分かる通り、どちらも中央値めちゃくちゃ低いですよね😅ただやはり二人以上世帯の中央値は一人世帯と比べ高くなっています。現在共働き世帯が増えているため、共働きの方が貯蓄率は高いですね。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

となりの億万長者〔新版〕 [ トマス・J・スタンリー ]
価格:1320円(税込、送料無料) (2021/9/18時点)


また、1000万円の保有率でも二人以上世帯が多くなっているのは当然の原理かなとも思います。ただ全体的にこれだけ低いのかとも思います。

あと、単身世帯の60代のデータを見てみると分かるのですが、1000万円の保有率が29.3%で中央値が300万円?差が大きいと思いませんか?金融資産を持っている人と持っていない人の差が激しいのです。つまり、格差社会がここに反映されているわけです。また、これはわかりやすくするために、中央値で出しているデータですが、平均値だともっと差は広がります🥴

「平均以上の何か」が無ければ、金融資産を築けないということがわかります。1000万円という金融資産が築ければ、間違いなく「少数派」になれます。

・貯金による二つの価値

この二つの価値とは、

①貯めるまでの過程

②貯めた後のお金の可能性

にあると思っています。具体的に説明していくと、

①貯めるまでの過程

1000万円を貯めるまでの道筋に価値があるということです。1000万円の貯金を達成したということは、その道筋を必ず通ったということになります。お金を蓄財し節約することは、欲望をコントロールして優先順位をつけるということです。お金の積み上げは、生活習慣の積み上げです。

家計の見直しということもあります。しっかりと計画を立ててそれを実行できるか。お金に対する価値観。自分が何に対してお金を使って、何に対してお金を使わないのか。お金をどういった目的で貯めているのか。この貯めたという道筋を通ることによって、お金を大きく失ったとしても、もう一度貯金ができると思います。

②貯めた後の可能性

選択肢など可能性が広がります。お金がないから諦めていたことができるようになる。憧れのものを買うことだってできます。マイカー、マイホームなど。またお金のためだけに働いていた仕事も手放すことができます。好きなことを仕事にする。新たな可能性を開拓することができます。株式や債権、他金融資産、不動産などによって、自分の労働意外にも稼ぐことも可能になります。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

となりの億万長者〔新版〕 [ トマス・J・スタンリー ]
価格:1320円(税込、送料無料) (2021/9/18時点)


・貯金に秘められた可能性

①将来の膨大な富になる

今の1000万円は将来の膨大な富になるということ。1000万円で苗を買って、果実が取れるまで育成する。1000万円を銀行の預金口座に置くだけでなく、株式などで運用することが重要だと思います。お金を働かせてみるという可能性を言っています。こうすることによって、今の1000万円が将来の富になります。ここで大事なことは、

・適切な土地(証券会社)

・適切な苗(株式)

・適切な育成方法(長期積立・分散)

肥料(時間)をたくさん与えて育てていく。投資の利回りの考え方は、上下に変動しながら長期間で見て利回りが取れると考えます。投資の利回りは全世界株インデックスなら、ざっくり年利3%。米国株インデックスなら、ざっくり年利5%とします。

一括投資した場合、(投資期間25年)

利回り3%

⇨2115万196円(+1115万196円)

利回り5%

⇨3481万2905円(+2481万2905円)

利回り7%

⇨5725万4183円(+4274万5817円)

お金はこのように1000万円を運用すれば増えます。

②セミリタイヤができる

これは貯金1000万円でも現実的であると僕は考えます。

セミリタイヤとは?:早期退職して少しの労働と資産所得で生きることです。自分らしく生活をすることにも繋がる人もいると思います。雇用状況を気にせずとも、お金を気にせず自由に暮らせるということでもあります。人生を楽しむための一つの方法としてあると思います。

生活費が低く、利回り内である程度生活できれば、セミリタイヤも可能性としてはあります。何よりも元本を取り崩さず、利回りで何かできることは大きいですよね😎

生活に対する経済的余裕ができると思いますよ!

③使うと貯めるのバランスが取れる

お金を使う目安として、貯金1000万円を目安にするのはいかがでしょうか?使わないも自由、使うも自由。選択肢を持てます。自分の必要なことだけにドカッと使うこともできます。

これらのことを説明しました。いかがでしたでしょうか。1000万円を貯めることで、景色が変わってくると思います。また、生活の中でこれは必要、不要などの判断が変わってくると思います。

ぜひ、頑張って、一年発起して人生を変えてみてはいかがでしょうか🙈


コメント

タイトルとURLをコピーしました