iDeCo、個人型確定拠出年金、つみたてNISA、老後2000万円問題 | えいたんぶろぐ
スポンサーリンク

【パパ・ママ必見!】子どもの老後資産形成の裏技!!

お金の話
スポンサーリンク

はい、どうも!えいたんです!こんにちは!


今回は子どもの老後資産形成に良い裏技?的なものを発見したので解説して行きます🧐

今回のブログの内容は、

・iDeCoを簡単に説明

・子どもの老後資産形成の方法を検証

・気になる点など

こういったテーマで解説して行きます。

・iDeCoを簡単に説明

iDeCoとは個人型確定拠出年金といって、自分で積み立てて運用する年金です。普通の積立投資にはないメリットが2つあって、

①掛け金が全額所得控除になる

②運用益が非課税になる

簡単に言うと税金が安くなってお得ですよと言う仕組みです😄

ただデメリットもいくつかあって、

①60歳まで入れたお金を引き出せない

②お金を受け取るときに課税対象になる

メリットが税金が安くなることで、デメリットは受け取るときに課税されることっておかしくない?って思いますよね。iDeCoの仕組みは少しややこしくて、出口で課税対象になるんですけど、退職所得控除という大きな控除を使うことで、税金をゼロにしたり、通常よりかなり少なくすることができるんです。

・子どもの老後資産形成の方法を検証

まずは第一号被保険者の定義について

20歳以上60歳未満の自営業者、農業・漁業者、学生および無職の方とその配偶者の方。

です。

次に第二号被保険者の定義について

国民年金の加入者のうち、民間会社員や公務員など厚生年金、共済の加入者

第三号被保険者の定義について

第二号被保険者に扶養されている配偶者の方で、年収が130万円未満の20歳以上60歳未満の方。

iDeCoは被保険者の種類によってて、毎月の掛け金の上限が違っていて、

第一号被保険者は6万8000円

第二号被保険者は2万3000円(企業年金等に加入していない民間の会社員の場合です)

浪人をせず、20歳から2年間第一号被保険者で月68,000円を積み立てて、年率7%で運用した場合

まず累計積立額は、1,746,310円となります。

実際は誕生月によっては2年以上積み立てることができますけど、今回のシュミレーションはすべてちょうど2年としておきます。

この約174万円を、追加投資なしで、38年間、年率7%で運用できれば、

資産は、24,773,554円です!!!!!😱😱😱😱😱

すごいですね!!老後2000万円問題が一気に解決ですね😇笑


複利のすごさ、時間を有効活用しています。時は金なり。。。

もちろん年率7%の仮定が少し高いと思う方もいるかもしれないですけど、そこは本題ではありません。この方法のおもしろいところは、

・40年という長い期間の運用を税制優遇のあるiDeCoでできる

・第1号被保険者で上限が多い2年間を最大限に利用して投資できる

例えば長期運用において優秀な制度である、つみたてNISAでもある年に投資した分の非課税期間は、20年間が最長です。40年後に税制優遇が受けられるのがどれだけすごいのかわかりますね。そして長期でインデックス投資をしている人は、つみたてNISAとかiDeCoとか税制優遇のある口座の上限額が、もっと高かったらいいのにな〜〜って思っている人も多いんじゃないでしょうか。つみたてNISAは毎月33,333円、iDeCoは会社員だと毎月23,000円しか拠出できません。

学生のうちに68,000円拠出して貰えていたら、もうあとから元本を返しても良いくらい嬉しいですよね♪iDeCoは最初に言った通り、出口で課税されることがあります。まぁ今の税制では、iDeCoを使わなかったほうが税金が安くすんでた〜〜となることはあんまりないんですけど、一応シュミレーションしていきましょう!

とりあえず大学2年間で、毎月6万8000円を積み立てた分は、2470万円くらいになることがわかりました。残りの38年間は、iDeCoの最低額である5,000円ずつ、お子さんが積み立てていたとします。お子さんが積み立てをするシュミレーションにしているのは、受取時に税金を安くしてくれる退職所得控除の計算に、積み立てた年数が関係してくるからです。

毎月積立額5000円 積み立て年数38年間 年平均リターン7%

の条件で積み立てると、

11,302,482円になります!

iDeCoのお金は全部で3,600万円くらいになります。

大学2年間で親が投資した分2470万円

社会人で子供が投資した分1130万円

という内訳です。この3600万円を受け取るときに、どのような形で税金がかかるのかというと、iDeCoの受取金は税制上、退職所得に該当します。

課税される退職所得金額=(収入金額−退職所得控除額)×1/2

3600万円にそのまま税金がかかるんじゃなくて、退職所得控除額を差し引いて、さらに1/2にした金額に税金がかかるから安くなるんですね。差し引く退職所得控除額というのは、別で計算が必要で勤続年数によって計算式が変わってきます。勤続年数というのは会社の退職金の場合の話なので、iDeCoの場合は勤続年数を積立年数と置き換えてください。今回の例では20歳から60歳まで、40年間積み立てているので、

800万円+70万円×(40−20)=2,200万円

2200万円が退職所得控除額となります。

(3600万円−2200万円)×1/2=700万円

課税退職所得金額は700万円となります。

この700万円に対して、所得税と住民税がかかってきます。

またお子さんが23000円をiDeCoで積み立てた場合は、

iDeCoの金額が約7700万円

税金が約1100万円

このように素晴らしい金額になりますね😊

・気になる点など

iDeCoを受け取るときに気にしなければいけないことは、退職金の有無です。60歳に退職金を受け取るタイミングでiDeCoを引き出してしまうと税金が多大にかかってしまいますので、65歳で5年ずらすなど工夫しなければなりません。出口で失敗すると残念なことになる可能性があります。

あと、未来はわからないということです。この税制が根本的に変わってしまうというリスクもあります。退職所得課税が変わる可能性もあるので、実際のところ40年後にどうなっているのかは、全く想像ができません。

ただ子どもが大学のときに余裕があれば、親として174万円を2年間積んであげることは面白いかもしれません。非常に可能性のあるお話です。ただ、子どもが大学に入っている時は一番お金がかかる時期なので厳しい人が多いかとは思いますが😅

なんでもそうなんですけど、転ばぬ先の杖が出来ると、将来が安心なものにできます。そこまでの経済的余裕が作れると良いですね🙈


コメント

タイトルとURLをコピーしました